2008年12月10日

中孝介、台湾最大の野外イベントで未公開新曲披露

中孝介(あたりこうすけ)が、12月7日に台湾最大の野外イベントに出演した。集まった観客は3万人を超え、熱狂的な現地ファンに迎えられた。

中孝介は、今年の8月に台湾で公開された映画『海角七号』に、中孝介本人役として出演。この映画が、台湾映画の興行記録を塗り替える歴史的な大ヒットとなり、一躍、台湾で最も人気のある日本人アーティストとして定着した。

 この映画の企画を構想していた魏徳聖(サミュエル・ウェイ)監督は、中孝介がリリースしたアジア版フルアルバム(2006年11月リリース)が、台湾チャートで上位にランクインしていたことを知り、2006年12月に台北で行われた野外イベント「Simple Life」に、中孝介が出演することを聞きつけ、監督自らがパフォーマンスを実際に見に行き、「彼が適任だ」と日本人ミュージシャン役の出演アーティストとしてオファーしてきたことから、中孝介の映画への出演が決定しました。

 2007年10月に撮影が行われ、2008年8月に台湾国内で公開したところ、社会現象的な空前の大ヒットを記録。2008年10月に台湾で発売したニューアルバム『心絆情歌』が、g-music日韓チャート(台湾盤オリコンチャート)にて、3週連続1位。同チャート内で8週連続ベスト3にランクインし続けた。

 12月7日に台北市で開催された台湾最大の野外音楽イベント「Simple Life」に出演した。このイベントは2006年に第1回が開催され、今年で3回目になる台湾最大の野外イベントで、一昨年はダニエル・パウター、イーソン・チャン(陳奕迅)などが出演。今年は元SUEDEのボーカルのブレット・アンダーソンや、PULPのボーカルのジャーヴィス・コッカーらが出演し、2日間で5万人を超える観客が来場した。
 中孝介は第1回目に続く2度目の出演で、イベント2日目の12月7日に登場。新曲「花」等を含む全9曲を熱唱した。ラストには映画『海角七号』の挿入歌にもなっているナンバー「それぞれに」を、ピアノの弾き語りでパフォーマンスし、未公開の新曲をこのステージで世界初披露した。
(サーチナ)
posted by 中孝介コラム at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 中孝介ニュース

2008年11月11日

中 孝介が歌うNHK『ジャッジ』主題歌の配信決定

11月2日に上海の東方芸術中心演奏庁で単独コンサートを開催、台湾のヒットチャートでは1位を獲得する等、アジア各地で反響を呼んでいる中孝介。彼が手掛けているNHK土曜ドラマ『ジャッジII〜島の裁判官奮闘記〜』の主題歌「路の途中」のスペシャル・ヴァージョンが、着うた(R)フルで配信されることが急遽決定した。

10月25日からNHK総合で放送されているドラマ『ジャッジII〜島の裁判官 奮闘記〜』は、奄美大島をモデルにした架空の島が舞台。

『ジャッジ』の主人公は、南の島(撮影・奄美大島)の小さな裁判所に赴任した判事補・三沢恭介。島でたった一人の裁判官として、刑事・民事・家事・少年、全ての事件を担当し、司法を通して社会に貢献しようとする誠実かつ新鮮なドラマは、多くの視聴者の感動を呼んだ。また、南の島の美しい大自然を背景に展開された、恭介の家族や島の弁護士たち、支部の書記官などスタッフのチームワークのストーリーも生き生きと描かれ、さらに緻密な取材に基づく裁判、法廷の描写は好評を博し、続編制作を望む数多くの声が寄せられた。

島での任期は通常2年。パート1では恭介が島に赴任してからの1年間が描かれていたが、パート2では裁判官としての島での後半の1年間が描かれている。

そのドラマの主題歌として、パート1に続きパート2でも、中孝介のメロディアスな楽曲「路の途中」が起用されている。

この「路の途中」は10月1日にリリースされた中孝介の2ndアルバム『絆歌』に収録されており、10月25日のドラマ放送直後から楽曲への問い合わせが多数寄せられているという。こうした状況を受け「路の途中(NHKドラマ「ジャッジ」ver.)」というスペシャル・ヴァージョンとして、11月11日(火)から着うたフル(R)が配信されることになった。

中孝介は現在全国ツアーの真っ最中で、11月30日の東京中野サンプラザで、ツアー・ファイナルを迎える。また、12月6日には台湾最大級の野外フェスティバル<Simple Life>に出演し、アルバムが大ヒットを記録している台湾で凱旋ライヴを行なう予定。

(C)土曜ドラマ「ジャッジII」島の裁判官 奮闘記(全5回)
毎週土曜 総合テレビ/デジタル総合 午後9:00〜放送中
BShi 午後6:00〜放送中
(BARKS)
posted by 中孝介コラム at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 中孝介ニュース

2008年10月02日

男子バレー・荻野選手が中孝介の新曲CMに出演

北京五輪日本代表男子バレーバールの主将を務める荻野正二選手が、歌手・中孝介(あたり こうすけ)の2ndアルバム『絆歌』(1日発売)のCMに出演している。中は38歳の今も現役で活躍している荻野選手のように「長く現役で頑張りたい」と語った。

ロッカールームでの様子や、試合に挑む姿をCMで披露した荻野選手の「たまたま「花」を耳にして買って以来、ずっと車の中とかで聴いていました」というエピソードを聞いた中が荻野選手にオファー。荻野選手もこれを快諾し、今回のコラボレーションとなった。

 「大事な試合前など、心を落ち着かせる時に中孝介くんのCDを聴いている」という荻野選手は、「(中の声が)耳だけでなく心に残る」と癒されているようで、以前ヒザを手術した際も、リハビリで辛い時には中の音楽が欠かせなかったという。

 中は中学・高校時代にバレーボール部に所属していたこともあり「まさか出演して頂けるなんて、とても光栄です」と嬉しさを噛みしめながら、「僕も荻野選手のように長く現役でいられるように、これからも頑張ります」と意気込みを語っている。

 終始和やかなムードでCM撮影は進み、撮影後には中の強い希望によりバレーボールを一緒にプレーすることも実現。今回の“競演”を通じて、お互いの心も通じあったようだ。
(オリコン)

アルバム収録曲「絆歌」の無料動画など満載! 中孝介の特集
posted by 中孝介コラム at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 中孝介ニュース

2008年09月14日

中孝介、新作アルバムで奥田民生の「手紙」をカヴァー

奄美大島在住のシンガー、中孝介(あたりこうすけ)が10月1日(水)に待望の2ndアルバム『絆歌』をリリースすることが決定し、その収録曲が発表された。

昨年7月にリリースした1stアルバム『ユライ花』がオリコン初登場7位を記録。男性ソロアーティストの1stアルバムが初登場トップ10入りするのは、邦楽アーティストとしては森山直太朗以来、約3年ぶりの記録ということで注目を集めた。以来、1年3ヶ月ぶりとなるアルバム『絆歌』(きずなうた)は、デビュー以来、膨大な数のライヴを行ってきた中孝介が、ライヴを通じて出会ってきた、たくさんの人と人との絆から生まれた歌を集めた珠玉の作品集となっている。

収録曲は、シングル曲3曲、配信限定シングル1曲、今年4月にリリースしスマッシュヒットを記録した「春」、9月3日のリリース前から問い合わせが殺到した「絆」、そして奥田民生のカヴァー曲「手紙」も聴きどころ。その他にもCMタイアップ曲など全13曲を予定している。
さらに、今秋10月17日(金)からは、このアルバムを引っさげて、全国12箇所を巡るホールツアーも決定している。

■リリース情報
2ndアルバム『絆歌』
2008年10月1日(水)発売
<収録曲>
01.絆
02.春
(日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」4月オープニングテーマ)
03.風よ feat 宝美
(ファイザーCMソング)
04.夜明け前
 (アイホンCMイメージソング )
05.種をまく日々
(テレビ東京系アニメ「BLEACH」エンディングテーマ)
06.夏夕空
(テレビ東京系アニメ「夏目友人帳」エンディングテーマ)
07.ラララ
(味の素 CMソング)
08.この窓の向こう
09.夜想曲〜nocturne(album version)
(映画「ラスト、コーション」オフィシャル・イメージソング )
10.手紙
※作詞・作曲:奥田民生
11.ありがとうという名の少年
12.路の途中
(NHK土曜ドラマ「ジャッジ〜島の裁判官 奮闘記〜I&II」主題歌)
13.あいのうた

□初回生産限定盤:2008年春のツアーの模様を収録したDVD付2枚組 3675円 (税
込)ESCL3148-3149
□通常盤:3059円(税込)ESCL3150
(リッスンジャパン)
posted by 中孝介コラム at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 中孝介ニュース

2008年08月30日

中孝介、“命の大切さ”を歌った新曲をリリース!

8月27日にリリースになった、詞の内容についてネット上で賛否を呼び、話題となった森山直太朗の新曲「生きてることが辛いなら」に続き、翌週の9月3日には中孝介が新曲「絆」をリリースする。

中は、昨年4月にリリースしたシングル「花」が大ヒットを記録。同シングルは森山直太朗が作曲した楽曲で、それ以来雑誌の対談や、同じイベントの出演などを通して、親交を深めてきた。

そして、今回2週続けてリリースされる、森山直太朗と中孝介それぞれの新曲が、偶然にも同じテーマについて歌った内容となっていることが発覚した。歌詞の表現は異なるが、両者の曲とも“生命の尊さ”について歌った曲で現代社会への真摯なメッセージがこめられた内容になっている。

中孝介のニューシングル「絆」は、“繰り返される悲しいニュースが溢れる誰か傷つける為に生まれてきた訳じゃないだろう。いつでも答えは僕らのすぐそばに。大切な絆を胸の奥に感じて素直に愛を繋いでいけたなら互いに信じあえる”という印象深いフレーズが歌われていて、“地上で、最も優しい歌声”による美しく壮大なバラードに仕上がっている。

奄美大島在住の中孝介が、最も大切にしていること“人と人との繋がり=絆”について歌った同曲は、最新の有線ランキングで、115位から17位まで急上昇する等、リリース前から大きな話題となっている。

また、中孝介は9月7日(日)に放送予定の日本テレビ系『Music Lovers』の森山直太朗の回にゲスト出演し、一緒に「花」を共演する予定なので、新曲と併せてチェックしよう!
(VIBE)
posted by 中孝介コラム at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 中孝介ニュース