2008年08月30日

中孝介、“命の大切さ”を歌った新曲をリリース!

8月27日にリリースになった、詞の内容についてネット上で賛否を呼び、話題となった森山直太朗の新曲「生きてることが辛いなら」に続き、翌週の9月3日には中孝介が新曲「絆」をリリースする。

中は、昨年4月にリリースしたシングル「花」が大ヒットを記録。同シングルは森山直太朗が作曲した楽曲で、それ以来雑誌の対談や、同じイベントの出演などを通して、親交を深めてきた。

そして、今回2週続けてリリースされる、森山直太朗と中孝介それぞれの新曲が、偶然にも同じテーマについて歌った内容となっていることが発覚した。歌詞の表現は異なるが、両者の曲とも“生命の尊さ”について歌った曲で現代社会への真摯なメッセージがこめられた内容になっている。

中孝介のニューシングル「絆」は、“繰り返される悲しいニュースが溢れる誰か傷つける為に生まれてきた訳じゃないだろう。いつでも答えは僕らのすぐそばに。大切な絆を胸の奥に感じて素直に愛を繋いでいけたなら互いに信じあえる”という印象深いフレーズが歌われていて、“地上で、最も優しい歌声”による美しく壮大なバラードに仕上がっている。

奄美大島在住の中孝介が、最も大切にしていること“人と人との繋がり=絆”について歌った同曲は、最新の有線ランキングで、115位から17位まで急上昇する等、リリース前から大きな話題となっている。

また、中孝介は9月7日(日)に放送予定の日本テレビ系『Music Lovers』の森山直太朗の回にゲスト出演し、一緒に「花」を共演する予定なので、新曲と併せてチェックしよう!
(VIBE)
posted by 中孝介コラム at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 中孝介ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24266817
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック