2008年11月11日

中 孝介が歌うNHK『ジャッジ』主題歌の配信決定

11月2日に上海の東方芸術中心演奏庁で単独コンサートを開催、台湾のヒットチャートでは1位を獲得する等、アジア各地で反響を呼んでいる中孝介。彼が手掛けているNHK土曜ドラマ『ジャッジII〜島の裁判官奮闘記〜』の主題歌「路の途中」のスペシャル・ヴァージョンが、着うた(R)フルで配信されることが急遽決定した。

10月25日からNHK総合で放送されているドラマ『ジャッジII〜島の裁判官 奮闘記〜』は、奄美大島をモデルにした架空の島が舞台。

『ジャッジ』の主人公は、南の島(撮影・奄美大島)の小さな裁判所に赴任した判事補・三沢恭介。島でたった一人の裁判官として、刑事・民事・家事・少年、全ての事件を担当し、司法を通して社会に貢献しようとする誠実かつ新鮮なドラマは、多くの視聴者の感動を呼んだ。また、南の島の美しい大自然を背景に展開された、恭介の家族や島の弁護士たち、支部の書記官などスタッフのチームワークのストーリーも生き生きと描かれ、さらに緻密な取材に基づく裁判、法廷の描写は好評を博し、続編制作を望む数多くの声が寄せられた。

島での任期は通常2年。パート1では恭介が島に赴任してからの1年間が描かれていたが、パート2では裁判官としての島での後半の1年間が描かれている。

そのドラマの主題歌として、パート1に続きパート2でも、中孝介のメロディアスな楽曲「路の途中」が起用されている。

この「路の途中」は10月1日にリリースされた中孝介の2ndアルバム『絆歌』に収録されており、10月25日のドラマ放送直後から楽曲への問い合わせが多数寄せられているという。こうした状況を受け「路の途中(NHKドラマ「ジャッジ」ver.)」というスペシャル・ヴァージョンとして、11月11日(火)から着うたフル(R)が配信されることになった。

中孝介は現在全国ツアーの真っ最中で、11月30日の東京中野サンプラザで、ツアー・ファイナルを迎える。また、12月6日には台湾最大級の野外フェスティバル<Simple Life>に出演し、アルバムが大ヒットを記録している台湾で凱旋ライヴを行なう予定。

(C)土曜ドラマ「ジャッジII」島の裁判官 奮闘記(全5回)
毎週土曜 総合テレビ/デジタル総合 午後9:00〜放送中
BShi 午後6:00〜放送中
(BARKS)
posted by 中孝介コラム at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 中孝介ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24266925
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック